鳥取養育研究所 / NPO法人子どもの虐待防止ネットワーク鳥取 / 鳥取県児童養護施設協議会

運営規程

社会福祉法人鳥取こども学園
鳥取養育研究所運営規程

第1章 総則

(目的)
第1条 この規程は、社会福祉法人鳥取こども学園(以下「法人」という。)が定款第5章第27条により公益事業として設置する鳥取養育研究所(以下「研究所」という。)の運営に関し必要な事項を定め、もって児童福祉の増進に寄与することを目的とする。

(研究所設立の趣旨)
第2条 研究所は、子どもの養育(以下、「養育」という。)に関する調査研究等を通して、子どもの権利条約の実現を目指し、子どもを一人の尊厳をもった人格的存在として捉え、子どもの健全な発達を保障するため、次の観点を基本として多面的に研究を推進することを設立の趣旨とする。
(1) 養育に係るあまたの叡智を寄せ合い、新たな養育理論の創造を図る。
(2) 養育に 関する実践と理論の弁証法的発展とその進化を図る。
(3) 養育者・支援者の成長と養育文化の伝承と発展を図る。
(4) 社会全体の養育システム改革と資源開発を図る。

(事業)
第3条 研究所は、前条の趣旨に基づき、次の事業を行う。
(1)養育に関する実践・調査研究
(2)養育に関する学術集会の開催
(3)養育に関する研修・評価
(4)養育に関する知識の普及活動
(5)養育に関係する機関との連携及び協力
(6)その他、研究所の目的達成に必要な事業

(運営の独立性)
第4条 法人付属の研究所として、独自の運営委員会を組織し、運営の独立性を確保する。

(事務所)
第5条 研究所の事務所は、社会福祉法人鳥取こども学園内(鳥取市立川町5丁目417番地)に置く。

第2章 所員

(所員の公募)
第6条 研究所の所員は、登録制とし、次の区分により広く公募するものとする。
(1)研究員   研究所の目的に賛同し、研究及び研究所の運営に参画する者。
(2)客員研究員 研究所の目的に賛同し、運営委員会が研究推進のために必要と認めた者。

(登録)
第7条 所員に登録をしようとする者は、前条の区分を明記の上登録申込書(別紙様式1)を研究所所長(以下、「所長」という。)に提出し、運営委員会の承認を得なければならない。

(費用)
第8条 所員は、総会の議決を経て別に定める会費を納入しなければならない。

(登録辞退及び末梢)
第9条 所員は、登録辞退届出書(別紙様式2)を所長に提出して、任意に辞退することができる。
2 研究所の名誉を傷つけ、研究所の目的に違反した場合は、運営委員会で審査の上登録を抹消することができる。

第3章 役職員

(役職員の種別)
第10条 研究所に次の役職員を置く。
(1)所長      1名
(2)副所長     1名
(3)運営委員長   1名
(4)副運営委員長  2名
(5)運営委員   若干名
(6)事務局長    1名
(7)事務局員   若干名
(8)監事      2名

(役職員の選任)
第11条 役職員は、総会の議を経て所員の中から選出する。ただし、事務局員については、運営委員会の承認を得て所長が委嘱することができるものとする。

(役職員の職務)
第12条 所長は、研究所を代表し、業務を統括する。
2 副所長は、所長を補佐し、所長に事故があるときは、その職務を代理する。
3 運営委員長は、運営委員会を代表し、業務を執行する。
4 副運営委員長は、運営委員長を補佐し、業務を執行する。
5 運営委員は、運営委員会を構成し、業務を執行する。
6 事務局長は、事務局を統括し、業務を処理する。
7 事務局員は、事務局長の指揮を受け、業務を処理する。
8 監事は、研究所の業務及び会計を監査する。

(役職員の任期)
第13条 役職員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠により選出された役職員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役職員は、その任務が満了しても後任者が就任するまで引き続きその職務を行うものとする。

第4章 会議

(種別及び招集方法)
第14条 研究所の会議は、総会及び運営委員会とし、総会については所長が、運営委員会については運営委員長が、それぞれ必要に応じて招集するものとする。ただし、運営委員の1/3以上から審議すべき議題を明示して要求があった場合は、運営委員会を招集しなければならない。

(構成員)
第15条 総会は、全所員で構成する。
2 運営委員会は、監事を除く役職員で構成する。ただし、所長が必要と認めた場合は、役職員でない所員も出席できるものとする。

(総会)
第16条 総会は、定期総会及び臨時総会の2種とし、所員の過半数の出席により成立するものとする。
2 総会は、次の事項について議決する。
(1)事業計画及び収支予算の決定
(2)事業報告及び収支決算の承認
(3)運営規程の改正
(4)役員の選任
(5)その他、運営委員会が必要と認めた事項

(運営委員会)
第17条 運営委員会は、次の事項を審議する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)所員の登録抹消に関する事項
(4)その他、総会で委任された事項及び総会の議決を要しない業務に関する事項

(議長)
第18条 総会の議長は、役職員を除く出席所員の中から選出する。
2 運営委員会の議長は、運営委員長又は副運営委員長が指名する者とする。

(議決)
第19条 会議の議決は、研究所総会においては所員総数の過半数、運営委員会においては運営委員総数の過半数をもって決定とし、可否同数の時は、議長の決するところによる。

第5章 運営費及び事業年度

(運営費)
第20条 研究所の運営費は、次のものをもって充てる。
(1)会費
(2)事業収入及びその他の収入

(事業年度)
第21条 研究所の事業年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

第6章 著作権

第22条 研究成果の著作権は、その所員に属する。ただし、所員の意思により研究所に帰属させることを妨げない。

第7章 雑則

(専門部会)
第23条 第1条に掲げる目的達成のため必要な場合は、専門部会を設けることができる。
2 専門部会の構成員、運営等必要な事項は、運営委員会で定める。

(その他)
第24条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、運営委員会の同意を経て所長が別に定める。

第25条 研究所発足にあたり、鳥取養育研究会の趣旨・業務及び財産を引き継ぐものとする。

付則

1 この規程は、この研究所の成立の日から施行する。

2 この研究所の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。(別表)

3 この研究所の設立当初の役員の任期は、第13条第1項にかかわらず、平成25年3月31日までとする。

4 この研究所の設立当初の事業年度は、第21条にかかわらず、成立の日から平成25年3月31日までとする。

別表

【役 職 員】
氏 名(所 属)
【所  長】
奥野 隆一(佛教大学社会福祉学部)
【副 所 長】
田中 恵子(倉明園)
【運営委員長】
田村 崇(倉吉スマイル)
【副運営委員長】
内藤 直人(とっとり若者サポートステーション)
米田 怜美 (子ども家庭支援センター「希望館」)
【運営委員】
小坂 宗司 (因伯子供学園)
鷲見 知明 (鳥取こども学園)
徳田 憲生 (赤碕保育園)
畑 千鶴乃 (鳥取大学地域教育学科)
和久利 裕大 (城北保育園)
【事務局長】
藤野 謙一 (鳥取こども学園希望館)
【事務局員】
久留嶋 元気 (尾道母子生活支援センター)
坂口 泰司 (鳥取こども学園)
清水 暁子 (鳥取こども学園乳児部)
坪倉 嘉隆 (鳥取県子育て王国推進局子ども発達支援課)
内藤 綾子 (鳥取短期大学幼児教育保育学科)
平岡 朋洋 (子ども家庭支援センター「希望館」)
山下 学 (鳥取こども学園希望館)
【監事】
石亀 政道 (因伯子供学園)
房安 強 (鳥取市民総合法律事務所)

PAGETOP
Copyright © 鳥取養育研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.